庭にある芝生の手入れは大事|綺麗な状態を保つ為に

レディ
草刈り機

景観を良くする

生い茂った雑草を草刈によって処理することで、自宅の庭を綺麗に保つことができます。綺麗な庭では人とのコミュニケーションを取るのが容易になりやすいものです。定期的に庭の雑草を草刈によってメンテナンスしましょう。

草刈り

雰囲気が明るくなる

家に合わせた雑草の草刈によって、家のイメージを良くすることができます。雑草を草刈で綺麗にすると、害虫対策にもなります。害虫がいなければガーデニングに集中することができるので、草刈はとても重要なのです。

美しく保ちましょう

ハサミを持つ人

水やりは必須です

芝生の手入れのは決して難しいものではありませんが、手入れをしなければ美しい状態を保つことはできません。特に注意したいのは、芝生は屋外で地面に植えるものなので、ほとんど手入れが入らないのではないかという誤解です。芝生は、夏はもちろんですが、春や秋も水やりをする必要があります。雨が十分に降っている季節は問題ありませんが、春や秋は週に一回から二回程度、また、夏は基本的に毎日の水やりが必要となります。さらに、雨が降らない日が続くようであれば、朝晩二回、たっぷりと水やりをしたいものです。通常は、雨が降る量よりも人の手で水やりをする方が圧倒的に量が少ないため、そのことも意識しながら特にたっぷりと水やりをすることが必要です。

芝刈りもこまめに

芝生の手入れでは、芝刈りも欠かすことができません。伸び放題の芝生は非常に見た目が悪いだけはでなく、芝生の生育も阻害されてしまいます。反対に、芝刈りを行なった手入れの行き届いている芝生は、見た目だけではなく生育も良くなります。芝刈りは、想像よりもこまめに行う必要があり、5月から9月にかけては週に一回が理想です。これが無理でも、二週に一回は行う様にしましょう。それ以外の季節は、二週に一回程度は行いたいものですが、冬は伸びませんので芝刈りは不要です。また、長く伸びてしまった時にはまとめて刈るのではなく、少しずつ刈り、日数をかけて短くしていきましょう。いきなり短くしてしまうと芝生が傷んでしまうためです。芝刈り後は、刈ったものを放置せずに集めることで、病気の予防とともに美しさも保つことができます。